東日本大震災こども未来基金:プロフィール
トップ 定款・財務諸表 伝言板 facebook


高成田享

高成田享(仙台大学教授) たかなりた・とおる

 1948年岡山市生まれ。東京大学経済学部卒。71年に朝日新聞社に入り、山形・静岡支局員、東京経済部員、アメリカ総局員(ワシントン)、経済部次長、アメリカ総局長(ワシントン)、論説委員などを務め、定年後にシニア記者として2008年1 月より11年2月まで石巻支局長。この間、1996年から97年にかけてテレビ朝日「ニュースステーション」キャスターも兼ねる。2011年4月から仙台大学教授。2011年4月から2012年2月まで東日本大震災復興構想会議委員。

前橋国際大学客員教授、東京農業大学客員教授、仙台白百合女子大学非常勤講師。農林水産省太平洋広域漁業調整委員会委員。

ウェブマガジン「情報屋台」で「ニュースDrag」という時事コラムを連載。イー・ウーマン「働く人の円卓会議」議長のひとり

著書に『ディズニーランドの経済学』(共著、1984年、朝日新聞社、増補版2012年)、『アメリカの風』(2002年、厚有出版)、『アメリカ解体全書』(共著、2003年、KKベストセラーズ)、『榎本武揚』(共編著、2008年、藤原書店)、『こちら石巻 さかな記者奮闘記』(2009年、時事通信社)、『話のさかな・コラムで読む三陸さかな歳時記』(2010年、共編著、荒蝦夷)、『さかな記者の見た大震災 石巻讃歌』(2012年、講談社)など。

東日本大震災についての論考

・「被災地再建のため/共助社会を根付かせる」(朝日新聞「GLOBE」5月15日「ニュースの裏側」欄)
・「我が心の石巻を再び」(『復刊アサヒグラフ 東北関東大震災』2011年3/30号所収)
・「石巻市・希望と再生を求めて」(『世界』2011年5月号所収)
・「希望があれば再興する」(『仙台学』vol11所収)
・「失業という名の時限爆弾」(季刊『環』vol46)
・「震災遺児基金から見た子どもたち」(『望星』2013年3月号)
・「東北復興計画は、誰が、どのように行っているのか 宮城県石巻市の場合」
 (『東京人』2013年11月号)

  個人のホームページは http://www.takanarita.com





Copyright (c) 2013 東日本大震災こども未来基金 All Rights Reserved.